観葉plus植物&意識の滝壺

観葉・その他植物に関する初歩的な事に各植物の成長記録や素人的考察等、

少し…そう少しだけ風変わりな個性溢れる目線で持論を説きつつ、

自他共に有意義な時間になるように仕立てていきたいです。 …時に独り言も…ブツブツと… by ちひろ

Sponsored Link



カテゴリ:植物の成長記録 > クジャクサボテン

P1010184右手に写るのは、実家のクジャクサボテンさん。

もともと6鉢以上もあり、祖母が育てていたものの

高齢になり手付かずの状態で放ってあったので、

私が無理やり1つの大鉢に植え替えたものです。

しかし、私の思いつきの植え替えは無知ゆえに、

永く生きてきたクジャクサボテンを弱らせてしまい、

再び大きな植え替えを行なうことになりました。

元々は駄温鉢に植えられ、立派な大輪の花を幾度となく、

咲かせていたことが記憶にあります。

時間はかかれど、再度立派な花を咲かせてあげたい。

たった一株でも生き返って元気になってくれればいいと願います。

P1010186
 真上から撮ってみました。

 全体的にまったく成長もなく、

 触ると根の張りも感じられません。

 恐らく水はけの悪さと不適合な土壌により、

 重度の根腐れを起こしているんでしょう。

 次へ >>

P1010187さて、クジャクサボテンを鉢から抜きました。

案の定、まったく根がいてません。

かろうじて右側の株が根を伸ばしていますが、

華奢なもので、全体的にかなり弱っています。

もっと早くに処置をしてあげればよかったな…

私自身まったく、この子に関して知識もないので

この状態から再生してくれるのか分かりませんが、

とりあえず水捌けの良い環境に変えて根回りの代謝をさせ、

新しい根っこが生えてきてくれることを祈ります。

P1010202 ←いちよう、クジャクサボテン向きの用土に変え、

 比較的元気な株を選び、植え直しました。

 まったく根が無い子達は、私の家に連れて帰り、

 個人的に再生治療を行なってみたいと思います。

 祖母が仕立てていた頃のクジャクは、

 皆元気で、ほんとに綺麗な花をつけており、

 見事だったものです。

 ごめんな、クジャク、頑張って復活しておくれ。

<< 前へ / 次へ >>
 

P1010203前回植え替えをして、個人的に再生治療をしてみようと

思った子達です。

右手には万年青(オモト)も写っています。

このとき同時に植え替えをしていました。

万年青もまた、根腐れを起こしてしまい、根っこが

ふにゃふにゃになってました。


ここからは、完全に素人の私の勝手な治療ですので、

うまくいくかも分かりません…。

続きを読む

P1010269およそ一ヶ月前から再生治療中のクジャクサボテン。

なかなか回復はみえないんですが、

今日ふと鉢から皆抜いてみると…

右の写真でも両端の2本に変化があるのが

わかるでしょうか?


まず一つ目に、↓の画像です。
P1010271 
 根っこはまったく生えてきてもないのですが、

 なぜか元気そうな、つぼみが1つ出てました。

 根っこが無いので、どうなるかわかりませんが、

 ちょっと嬉しい発見です。

 
P1010270

そして、唯一根っこを出してくれている子がいました!

クジャクのことは全然わからないのですが、

切り口からの発根ではなく、そばの茎?葉?から、

白い根が確認できます。

この子もこのまま無事に成長してくれるか分かりませんが、

とりあえず個別に素焼き鉢に移し、じっくりと様子を見ていきます。

<< 前へ / 次へ >>

P1010298前回発根を確認してから、1週間。

他の三本も小さな発根を確認できました!

あと2本は残念ながら枯れて腐ってしまいましたが、

この子達に未来を託して育てていきます。

合計4本からの発根で、

どこまで上手くいくかわかりませんが、

立派な花を咲かしてやりたいもんです。
続きを読む

P1010343クジャクサボテンの挿し木を始めて、およそひと月。

本日の作業は根の確認と最終選定です。

このままの状態でもいいのですが、

鉢の数をひとつにまとめ、管理の簡素化も含めています。

まずは一つ目、正面手前の株です。

↓ 
P1010344
 うん、根が出ています。

 切り取った部分からではなく、節の部分からの発根ですが、
 
 私としては育ってくれれば御の字ですので…。




そして次は正面右の一株。P1010345

この子は1番初めに根っこを出してくれただけあって、

それなりに根も成長しているようです。

鉢から抜く時に千切れなくて良かった(笑。


最後に正面後ろの三株です。
続きを読む
               

          

このページのトップヘ